骨造成

インプラント治療を「骨量が足りない」いう理由で治療を断念していませんか?
骨量が足りない患者様に対しては骨を増量することでインプラント治療が可能です。
骨造成法の種類には以下のようなものがあります。

GBR法

骨が不足している部分に、膜を覆うことで骨を作るスペースを確保し、その中に骨のもとになるものを詰めて、骨の再生を促す治療法です。歯槽骨が不足している部分に、粉砕した自家骨や骨補填材を入れ、その上にメンブレンという人工膜をかぶせることで、骨の再生が促進されます。メンブレンには吸収性のものと非吸収性のものがあり、骨欠損の小さい場合は、吸収性のものを使い、骨欠損の大きい場合は、非吸収性のものを使用します。個人差がありますが、約4〜6ヶ月で歯槽骨が再生されインプラントが安定します。

1.歯槽骨の吸収が著しく、残念にも歯が脱落してしまった部分を、GBR法とインプラントで治療したケースを紹介します。
歯槽骨の吸収が激しく、歯根が露出しています。

2.歯が脱落した部分は、歯槽骨の吸収がさらに激しくなリます。

3.歯がなくなった部分にインプラントを埋入します。
埋入したインプラント。歯槽骨の吸収が著しいので、インプラントの表面も露出しています。

4.骨組織を再生させたい部分に、歯肉などの軟らかい線維性の組織細胞を混入させないために、生体材料でできた専用の膜で骨を作リたい部分を覆います。
GBR法の場含は、GTR法の様に歯根膜の再生は必要あリません。再生させたい対象組織が骨だけなので、インプラントを支柱にして専用膜のテントを張ることができれば、比較的容易に骨の誘導再生が可能です。

5.専用膜の設置が完了したら、歯肉を元に戻して骨の再生を待ちます。この期問、術部に必要以上の刺激を与えないようにします。

6.個人差や症例によって異なリますが、数ヶ月で図のように骨が再生されます。

7.骨が再生され、インプラントが生着すると、人工の歯(上部構造)を製作して装着します。

8.歯肉をもとに戻した状態です。必要な骨が再生されることで、歯肉の形態も美しくなリます。

スプリットクレスト

インプラントを埋入するには最低5mm程度幅が必要ですが、骨の吸収の仕方によっては先端が1〜2mmしかない場合もあります。GRB(後述を参照)という方法もありますが、やはりインプラント本体がオリジナルの骨に囲まれていた方が安定し易いです。方式はまず狭くなった骨の頂上部に切り込みをいれ、そこに専用の器具を入れて骨を広げていきます。骨というのは本来弾力性があるため、その程度なら無理なく広がっていきます。そこに予定したインプラントを埋入して、隙間に骨補填材を使用して粘膜を縫合すると、大体3〜4ヶ月で広げた骨が固まってきてインプラント自身が咬む力に耐えるような状況になってきます。

治療のイメージ

骨の幅が不足している場合・・・

骨の頂上部に特殊器具を入れ骨を二分割します

骨を広げてスペースを作ります

インプラントを挿入します

骨造成材を入れます

骨を広げてスペースを作ります

24時間いつでも予約可能!診療予約

痛み等緊急の方は直接お電話をして下さい。

  1. 治療メニュー
  2. インプラント治療
  3. 予防歯科
  4. 口臭専門治療
  5. 審美歯科
  6. 歯周病治療
  7. ホワイトニング
  8. 小児歯科
  9. 歯のクリーニング
  10. レーザー治療
  11. 一般治療
  12. 口腔外科疾患治療
  13. エムドゲイン
  14. 骨造成(骨を再生する治療)

研修活動

掲載メディア

よくあるご質問

患者さまの声

インプラント無料相談実施中

当院への地図・アクセス

西武新宿線 新所沢駅東口 徒歩3分

〒359-0044
埼玉県所沢市松葉町23-19
医療法人社団 榮内會
スマイルデンタルクリニック
厚生労働省指定臨床研修施設

駐車場15台完備

新幹線でお越しの方

飛行機でお越しの方