オーラルヘルスと全身の健康

3章 すべての歯科医師が知っておくべきこと

閉経後骨粗鬆症と歯周炎の関連するメカニズム

閉経後骨粗鬆症は、閉経による卵巣機能の低下によって発症し、女性ホルモンであるエストロゲン分泌ンの低下に起因するとされている。エストロゲンは、形質転換増殖因子-β(TGF-β)のような骨形成性サイトカインの発現を増加させる一方、インターロイキン1(1L-1)や腫瘍壊死因子α(TNF-α)、IL-6といった骨吸収性サイトカインの発現を抑制する。したがって、閉経後骨粗鬆症と歯周炎に関与するサイトカインは非常に類似している。歯周炎の進行過程におけるエストロゲン分泌の低下による影響をまとめると下図のように考えられる。

歯周炎と骨粗鬆症の相互関係

従来の報告や著者らの報告から、下顎骨骨密度と腰椎の骨密度、中等度の相関(r=0.3〜0.5)を示している。したがって、全身の骨量の低下は、顎骨の骨量の喪失に影響している。しかし顎骨の骨量と歯周病の関連は、現時点では明白ではない。
また、歯の喪失と骨粗鬆症との関係は、多くの報告がなされ、大部分で、骨粗鬆症あるいは低骨密度と歯の喪失とは関連性があると報告されている。しかし著書らは、両者を包括的に解析し、歯の喪失と骨粗鬆症の関係は、間接的であることを示した。

24時間いつでも予約可能!診療予約

痛み等緊急の方は直接お電話をして下さい。

  1. 治療メニュー
  2. インプラント治療
  3. 予防歯科
  4. 口臭専門治療
  5. 審美歯科
  6. 歯周病治療
  7. ホワイトニング
  8. 小児歯科
  9. 歯のクリーニング
  10. レーザー治療
  11. 一般治療
  12. 口腔外科疾患治療
  13. エムドゲイン
  14. 骨造成(骨を再生する治療)

研修活動

掲載メディア

よくあるご質問

患者さまの声

インプラント無料相談実施中

当院への地図・アクセス

西武新宿線 新所沢駅東口 徒歩3分

〒359-0044
埼玉県所沢市松葉町23-19
医療法人社団 榮内會
スマイルデンタルクリニック
厚生労働省指定臨床研修施設

駐車場15台完備

新幹線でお越しの方

飛行機でお越しの方